フラット35sの審査に通るには?

フラット35sの審査に通る住宅として、免震建築物が挙げられています。
免震建築物は地震が来た際にも、ただ単に地震に耐えるだけではなく、室内の揺れを抑えますから被害を最低限にすることができます。
このような住宅に合致することでフラット35sの審査に通るのです。
免震建築物は金額がどうしても高くなり、効果はわかっていても実際にそうするかと言われれば躊躇してしまうのが現実です。
しかし、フラット35sの審査に通ることで金利面で優遇策が得られますから、そのような優良住宅に対する後押しになります。
日本は地震が多い国なので、長年の期間を考えれば地震は避けられないと言って過言ではないでしょう。
そのためにも免震建築物は必要なのです。