クンツァイトってどんな石?

クンツァイトは、薄く紫がかったピンク色が美しい天然石です。
語源はアメリカの宝石学者、クンツ博士の名前が由来となっています。
1902年にアメリカのカルフォルニア州で発見された比較的新しい鉱物として知られています。
発見された場所にちなんでカルフォルニア・アイリスという愛称でも親しまれています。
スポデューメンという鉱物の一種とされ、ピンク色のものをいいます。
原産地は主にブラジルやマダガスカル、アフガニスタンなどです。
クンツァイトは、無限の愛、純粋さを象徴するとされており、大きな愛をもたらすパワーストーンといわれています。
感情のバランスを安定させる効果をもつとされ、後悔や不安などの気分を取り去り、安心感を与えてくれます。
まわりの人に妬みや恨み、怒りを覚えたときには、この石を身につけることによって平穏な心を取り戻してくれます。
また、石のまわりに愛と平和に満ちた空間を作り出し、繊細かつ雄大な気持ちになるよう導く効果があります。
クンツァイト意味は?石言葉と効果をチェック!【相性がいいのは?】