住宅ローンの団信生命保険とは?

住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
それは団体信用生命保険という名前の保険です。
この保険の内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。
これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。
という特別処置です。
保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
保証料は自己負担ではないので、安心して住宅ローンの申し込みが出来ます。
住宅を購入する際には頭金が必要です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!という広告もありますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。
月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。
頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。
住宅ローンは長年支払いをする物ですから、フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。
このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですがフラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。
ですが、フラット35の審査は少し違う点もありとはいえ、年収や勤続年数などは他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、色々な面から審査されるそうです。
自営業の方が自分の家を購入する事はあこがれでもあります。
ですが、自営業の方が自分の家を購入する際には必ず住宅ローン審査が必要です。
現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。
35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。
審査に通過できない一番の理由は収入面です。
住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。